震災以降、地盤がしっかりした場所で暮らすことの重要性を改めて実感しています。

地盤調査にまつわる話
Google
地盤調査にまつわる話

震災以降、地盤がしっかりした場所で暮らすことの重要性を改めて実感しています

■47歳 女性

震災以降、地盤がしっかりした場所で暮らすことの重要性を改めて実感しています。特に液状化して家の陥没や土砂災害などのシーンを見るたびに、自分が今住んでいる場所の地盤はどうなのか、雑誌の調査結果などを参考にしています。
現在住んでいる所は地盤がしっかりしている方だとは思うのですが、それはやはり地域的に大まかに見た場合であり、個々の住まいの土地の地盤となるといささか不安な要素はあります。というのも、家の近所などは何度修繕工事をしても雨水がたまってしまう箇所があったり、幾度かの地震が続いたのと、建物の老朽化も含め、部屋のドアなどが土地のゆがみから開閉しにくくなったりと、様々な要素が組み合わさった状態が出てきています。
これもやはり、地盤が少しずつ沈んでいるのではないかと考えられ、不安はぬぐいきれません。そういった意味でも、早急に専門業者に地盤調査をしていただきたいなと思っています。
しかし、実際、個人で行う場合の具体的な費用などあまり知識もないので、足踏み状態であります。

お役立ち情報