土地をこれから買って、家を建てるときには現在では地盤調査を行なう必要があります。

地盤調査にまつわる話
Google
地盤調査にまつわる話

土地をこれから買って

■51歳 女性

土地をこれから買って、家を建てるときには現在では地盤調査を行なう必要があります。それは地震などの自然災害が起こったときに地盤がゆるいと大災害に繋がるからです。

特にわが国は地震とは切り離せないお国柄です。
いくつもの大震災が起こった現在では、自宅を建てる土地には地盤調査をすること、と法律で定められるようになりました。
地盤調査もせずに勝手に家を建てて地盤沈下していくことにでもなったら、建てた当時は真っ直ぐでも、すんでいくうちに家が傾いていく、そうなると暮らしにくいだけの話ではなく、いつ崩壊の恐れが起こるかもしれません。しかも、傾いた家に住んでいると、自律神経がおかされて病気になる恐れもあるのです。

このような例を1つとっても自宅の建設の前に地盤調査するということは大事なことなのです。
調査の方法はボーリング調査とサウンディング調査の二つあります。個人住宅に使われているのはサウンディング調査のほうです。
現在では建設工事費に含まれています。

お役立ち情報