地盤に関しては阪神大震災以来、多くの人が意識していることだと思いますが、一昨年の大震災でも更に考えさせられた人も多いと思います。

地盤調査にまつわる話
Google
地盤調査にまつわる話

地盤に関しては阪神大震災以来

■26歳 女性

地盤に関しては阪神大震災以来、多くの人が意識していることだと思いますが、一昨年の大震災でも更に考えさせられた人も多いと思います。私は阪神間に住んでいましたので、震災の4年後に実家を建てるときには念入りに地盤調査をしたのをよく覚えています。
今でも地盤調査を行わない業者もあるそうなので、必ず正確で丁寧な調査をする所に依頼してください。この地盤調査は専用機器を使って行うのですが、土地の名前からもおおよそわかる場合もあるそうです。

例えば田・畑・稲などの名前がついた土地は、かつては農耕地だったことがわかります。川や水が入っている土地には川があり、その側であったことがわかります。これらの名前は水が近くにある、または過去にあった場合があるので、泥や砂が地中に多く建物を建てるのに適さない可能性があるそうです。
詳しくはもちろん機械で調査して判断するのですが、昔の人が今の人に残した知識ですよね。
津波の地域も、昔の人がここまで水が来たということを残していたと聞きます。家を建てる地域に昔の人が残したものを、ちょっと自分で調べてみるというのも、安心した地盤に家を建てるためにやっておいてもいいかもしれません。

お役立ち情報