地盤調査とは、地質学と土質工学の2つの観点から土地を調べることを言います。

地盤調査にまつわる話
Google
地盤調査にまつわる話

地盤調査とは

■25歳 女性

地盤調査とは、地質学と土質工学の2つの観点から土地を調べることを言います。地質学は地盤の層がこれまでどのように蓄積されてきたかを調べ、土質工学とは物理的・力学的に現状を見極め改良することです。
土地の浅い部分も深い部分もしっかりと調べるということです。

この地盤調査は建物を建てたりリフォームしたりする際によく行われます。何故かというと、建物を支える上で適している土地と適していない土地が存在するからです。
例えば地盤が悪いと地震の発生時に揺れが大きくなることがあります。地震大国の日本においては大きな問題です。

さらに問題なのは、建物が斜めに傾いて沈下してしまう不同沈下という現象が起こりやすくなることです。
この現象が何故起こるのかというと、地盤が建物の重さに耐えきれずに沈下してしまうからです。
不同沈下が起こると、基礎や外壁に亀裂が入りドアの開閉が困難になるなどの問題も生じます。また資産価値も著しく低下してしまうのです。

このような問題は地盤調査を行うことで回避することができます。土地の状態を把握し、しっかりと改良することができるからです。

お役立ち情報

  • 産業用太陽光発電の一括見積もりはグリーンエネルギーナビ。