両親が結婚して今住んでいる場所に越してきたのが、今から54年前になります。

地盤調査にまつわる話
Google
地盤調査にまつわる話

両親が結婚して今住んでいる場所に越してきたのが

■43歳 女性

両親が結婚して今住んでいる場所に越してきたのが、今から54年前になります。今でこそ住宅が密集して建っている自宅周辺も、当時は田んぼや畑の中に家がぽつんぽつんと点在しているだけだったそうです。
田んぼは水を入れてお米を育てる場所ですから、ここに家を建てるとなると地盤がどうなっているか心配です。

昔は本格的な地盤調査などなかったと母は言いますが、田んぼの持ち主から土地を買い取った人は、そこに家が建てられるかどうか、一応地盤調査らしきことをしていたそうです。
我が家は当時借家で、母の父、私からすると祖父ですが、複雑な家庭で育った男のところへ娘が嫁入りすることや、さしあたって住むところもないことを心配し、自分の親戚が持っている借家に入れるように手配したそうです。

すでに田んぼや畑の中に建てられていたその借家、どのような地盤調査がされたかは不明だとのことですが、その後、周りの田んぼがどんどん住宅になる時の様子を見て、この家もまず大丈夫だろうと思ったとのことです。

お役立ち情報